一定の年齢に達したら要注意

病原菌

大腸がんや膵臓がんは男女問わず40代を超えた当たりから発祥する危険性が高い病気です。その年齢に達した際には定期的な検診を行なうことで異常を早期発見することができます。
これらの病気は早期発見し治療を行なうことで完全に完治することも可能です。なので行事の一貫として夫婦で検診を受けたり、父や母と受けることで予防の周知にも繋がります。

普段からアルコールを摂取する方や喫煙する方は癌のリスクを高める危険性があります。どうしても止められないという場合は專門の治療期間で治すこともできます。
アルコールやニコチンは依存性が高い成分なので特に40代を過ぎた方は見直す必要があります。
同時に食生活を魚や野菜、鶏肉中心の生活に変え、毎日適度な運動を行なうことで予防に繋がります。

どのような症状が現れるのか

男女の臓器

大腸がんと膵臓がんになった場合に現れる身体的な症状として、下痢や便秘の繰り返し、血便、下血、腹痛、腰痛、急激な体重増加が考えられます。
これらの症状は日常生活においての体調不良として認識されることが多い症状なので放ったらかしにする方が多いです。
ですがそのような症状が現れた場合には既に進行している場合がほとんどなので、病院へ駆け込んだ時には末期の状態で他の部位へ転移しているという事も少なくありません。

そもそも便秘や下痢、腰痛や腹痛などの症状は身体を異常が原因で引き起こるものなので、市販の薬で解決するのではなく一度専門医に診てもらうことが大切です。
がんではない他の病気の場合もあるので、一度精密検査や詳しい検査を行なうことで不安を取り除くことができます。

気づきにくい病気

怖い

大腸がんも膵臓がんも身体症状として現れることが少ない病気なので、ほとんどの患者が末期の状態で初めて病院に訪れる事が多いです。それだけ、知らない間にこれらの癌は拡大していきます。
定期健診を行えばそのようなケースを回避することができますが、自分は大丈夫だろうという認識が病気の発見を遅らせる原因になっています。
末期の状態で発見されると、大腸や膵臓そのものを摘出する必要が出てきます。その場合摘出後他の器官への転移を防ぐための放射線治療や抗癌剤治療が必要になるので、大変な苦労を背負う事になります。

末期の状態で発見された場合、他の器官へ転移している場合があります。主に肝臓や肺へ転移するケースが多く、その場合はそれらの治療と摘出が必要となる場合もあります。
身体の老廃物を溜める役割を果たすリンパ腺に転移する場合もあり、そうなると他の器官への転移が早まる原因になります。

Powered by WordPress | Designed by: All Premium Themes. | Find the Premium WordPress Themes online, best wordpress themes and Free WordPress Themes